25歳になる君へ、風に立つライオンであれ。


Image photo was taken by lwpkommunikacio

この東京の街で自分と向かい合えば、人生について、生き方について考えるものですね。やはり僕たちの道は残念だけれども何か、あまりにも綺麗すぎて怖くなるほど、出来すぎてしまっているようですね。

明日という日が特別ならば、人は何かに思いふけるものですね。明日、25年目の誕生日を迎えるなんて。何を書くわけでもないけれど、これからの自分に向けて一言だけ。「何歳になっても、心に刻んでおいて下さい。小さい頃、車の中でよく聞かされていた、この曲の一節だけは。」

空を切り裂いて 落下する滝のように
ぼくはよどみない 生命を生きたい
キリマンジャロの白い雪 それを支える紺碧の空
ぼくは 風に向かって立つライオンでありたい


人気記事

  1. 【保存版】エクセルの使い方を完璧にしたい人にだけシェアしたい関数動画50選。
  2. 2016年は「やらないこと」を宣言しよう。ぼくは、会社の飲み会には行きません。
  3. おさ、金(GOLD)を買う。
  4. ユーチューブ動画を作るための9ステップ
  5. 経理財務ってどう勉強すればいいの?(入門編)
  6. ミートアップで外国人に日本語を教える「Jabanas(ジャバナス)」がいい感じ!
  7. サラリーマンの読書の夏にはこれがおすすめ。「おさが読んでる本教えて」にお答えします。